0155-22-7817

〒080-0010 北海道帯広市大通南13丁目15番地

文字サイズ

0155-22-7817

診療案内

treatment

診察案内

病名

屈折異常(近視、遠視、乱視)、 老視、 斜視・弱視、ドライアイ、 眼精疲労、 涙目(流涙症)、色覚異常、眼瞼下垂、 眼瞼けいれん、 顔面けいれん 、 逆まつげ、ものもらい(麦粒腫)、霰粒腫(さんりゅうしゅ) 、眼瞼・顔面腫瘍、 結膜炎、 アレルギー性結膜炎、 花粉症、翼状片、 角膜炎、 角膜ヘルペス、 円錐角膜、ぶどう膜炎 、白内障、 緑内障、 飛蚊症、 網膜裂孔・網膜剥離、糖尿病の眼合併症、 加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、黄斑浮腫、黄斑前膜、黄斑円孔 等

手術

白内障手術、 多焦点眼内レンズ挿入術、 硝子体注射手術(アイリーア、ルセンティス、ステロイド)、レーザー手術(糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔、緑内障等)、閾値下レーザー手術(黄斑浮腫、慢性漿液性網膜剥離等)、Co2ガスレーザー手術(眼瞼・顔面腫瘍、眼瞼下垂)、高周波メス手術ellmann(眼瞼・顔面腫瘍)、ボトックス注射(顔面痙攣・眼瞼痙攣)、涙点プラグ挿入術(ドライアイ)、涙管チユーブ挿入術(涙目) 他

主な目の症状について

目の腫れ、 目のかゆみ、 目やに、 目の痛み、 充血、 乾き、 涙目、 ものが2つに見える、目がかすむ、飛蚊症、ものが歪んでみえる、目が疲れる、視力が低下した、メガネやコンタクトを作りたい 他

受診時に問診表を記入して持参いただくと診察がスムーズに進みます。

問診票のダウンロード

散瞳眼底検査についてのお願い

視力低下や飛蚊症(※)など、見え方に異常がある症状の場合は、散瞳検査(点眼薬で瞳を開く検査)が必要です。
検査後数時間は運転が出来ませんので、ご自分で自家用車を運転しての来院は避けて下さい。

※飛蚊症(目の前にゴミが動いて見える)とは、白い壁や青い空などをみると自覚しやすく、目の動きで影も動きます。形、色も様々です。
一般的には若い時は均一で透明だった硝子体が加齢で濁る事より起こりますが、病気の場合は眼底出血や網膜に孔があき網膜剥離になる時に出ることもあります。病的な状態かどうかは、薬で瞳を開いて眼底検査を行う必要があります。

帯広眼科
〒080-0010 北海道帯広市大通南13丁目15番地
大通南13丁目バス停横
TEL 0155-22-7817